実験原理 (シーケンシング / HiSeq2000)

HiSeq2000によるシーケンシングを行います。ランダムに断片化したDNAまたはcDNAからクラスターを合成し、可逆的ターミネーター技術により、高精度でシグナルを読み取り、 塩基配列を決定します。
サンプル品質確認

DNAの場合、PicoGreenで濃度測定、電気泳動でサイズを確認します。

RNAの場合、バイオアナライザーで品質評価を行います。

ライブラリーの作成

DNA、RNAを断片化、アダプターライゲーションを行います。

クラスターの合成

フローセルにDNAを結合させ、クラスターを合成します。

シーケンシング

可逆的ターミネーターを使ったSequencing-by-Synthesis法により1塩基伸長反応を行いながら画像を取得します。データはFASTQ形式のファイルで出力されます。

PageTop

Copyright © 2013 RIKEN GENESIS CO.,LTD. All Rights Reserved.