ChIP-Seq

概要

転写因子等のDNA結合タンパク質が結合するゲノム上の領域を抗体・抗原反応を用いて特異的に濃縮し、タンパク質結合サイトやヒストン修飾箇所を検出・定量する手法です。ゲノムワイドのヒストン修飾、転写調節機構の研究に応用いただけます。

特徴

  • 微量のサンプルから解析が行え、Depthが増えるほど感度が上がります。
  • ChIP-on-Chipと比較して、低バックグランド・クロスハイブリダイゼーションが少ないため、高精度に結合部位を同定することができます。
  • RNA Expressionと組み合わせた解析もご提案可能です。 参考資料

サンプル条件 (詳しくは、ご相談下さい)

サービス内容

  1. クロマチン免疫沈降後のDNAサンプル(ChIPed-DNA)の品質を確認します。
  2. 末端処理・アダプター付加を行い、ライブラリーを作製します。
  3. 作製したライブラリーをシングルエンド法でシーケンシングします。
  4. 取得した配列をリファレンスゲノムにマッピングした後、タンパク質結合部位の検出などの解析を行います。

納品物

  1. シーケンシング結果(fastqフォーマットファイル、未加工のもの)
  2. リファレンスゲノムへのマッピング結果
  3. ピークの検出およびアノテーション結果
  4. モチーフの検出

価格・納期

PageTop

Copyright © 2017 RIKEN GENESIS CO.,LTD. All Rights Reserved.