オーダーメイド医療について

「オーダーメイド医療実現化プロジェクト(*)」をはじめとする近年の研究により、遺伝子と病気の関係、遺伝子と薬剤の効果や副作用との関係が次々と解明されてきています。これらの研究成果を臨床現場に応用するため、理研ジェネシスは様々な取り組みを開始しています。
理研ジェネシスでは、医療現場で利用可能な小型で短時間にSNP型判定を行うシステムを独立行政法人理化学研究所および凸版印刷株式会社と共同で開発し、臨床研究で利用していただいております。

*)「オーダーメイド医療実現化プロジェクト」とは、バイオバンクへ約20万人(30万症例)のDNAおよび血清試料を集め、それらを利用してSNP(遺伝子の個人差)と薬剤の効果、副作用などの関係を明らかにしたり、病気との関係を調べたりするオーダーメイド医療実現基盤を構築するものです。

詳しくは、「オーダーメイド医療実現化プロジェクト」のサイトをご覧下さい。

個人の体質や病状に合った医療: オーダーメイド医療
 

オーダーメイド医療とは: 個人の体質によってお酒に強い弱いがあるように、同じ薬でも個人により効き方が異なります。こういった個人差はおもに遺伝子の違いから生じます。またこれらの遺伝子の違いは両親から受け継いだ、生まれながらのものと、癌のようにある日突然変化を生じる場合とがあります。近年、これらの遺伝子の違いを調べることによって薬の副作用や治療効果の有無が分かるようになってきました。その人の体質や病状に合った薬や治療法を選ぶような診断・治療のことを「オーダーメイド医療」と呼びます。オーダーメイド医療の実現は被験者への負担の軽減、無駄な医療費の削減を可能とし、社会への貢献につながります。

  • ログイン
  • 会員登録

PageTop

Copyright © 2013 RIKEN GENESIS CO.,LTD. All Rights Reserved.