透明性に関する指針

「企業活動と医療機関等の関係の透明性に関する指針」

2013年4月1日
株式会社理研ジェネシス

株式会社理研ジェネシス(以下、当社)は、大学等の研究機関・医療機関等と連携協力して、医学・薬学の基礎研究、遺伝子解析の研究などを行い、体外診断用医薬品や研究用試薬の提供を通じて国民・患者さんの個別化医療の実用化、向上に貢献することを目指しています。このような活動を行うにあたり、当社と大学等の研究機関・医療機関等との関係の透明性を高め、広く関係者から信頼を得られる企業となることを目的に、(一般社団法人)日本臨床検査薬協会の「企業活動と医療機関等の透明性ガイドライン」(※1)等に従い、医療機関等との連携活動に関する情報を公開します。

 

1. 公開の時期および方法
各年度(※2)における医療機関等への資金提供に関する情報を、当該年度の決算確定後に当社のウェブサイト等を通じて公開します。
公開は、2014年度から実施します(2013年度分を公開)。

 

2. 公開の範囲および内容
当社が公開する医療機関等への資金提供に関する情報の範囲および内容は、次のとおりとします。

 

A 研究費開発費等
研究費開発費等には、臨床性能試験や、性能評価等に関する費用、及びGVP省令などの公的規制のもと実施される副作用等報告や、製造販売後の各種調査等の費用が含まれる。

 

1. 共同研究費(年間の総額)

 

2. 委託研究費(年間の総額)

 

B 学術研究助成費
学術研究の振興や研究助成を目的として行われる奨学寄附金、一般寄付金、および学会等の会合開催費用の支援としての学会寄付金、学会共催費

 

1. 奨学寄付金(年間の件数・総額)

 

2. 一般寄付金(年間の件数・総額)

 

3. 学会寄付金(年間の件数・総額)

 

4. 学会共催費(年間の件数・総額)

 

C 原稿執筆料等
医学・薬学に関する情報等を提供するための講演や原稿執筆、コンサルティング業務の依頼に対する対価等

 

1. 講師謝金(年間の件数と総額)

 

2. 原稿執筆料・監修料(年間の件数と総額)

 

3. コンサルティング等業務委託費(年間の件数と総額)

 

D 情報提供関連費
医療関係者に対する医学・薬学に関する情報等を提供するための講演会、説明会等の費用

 

1. 講演会費(年間の件数と総額)

 

2. 説明会費(年間の件数と総額)

 

3. 説明会費(年間の件数と総額)

 

E その他の費用
社会的儀礼としての接遇等の費用

 

・接遇等費用(年間の総額)

 

 


医療機関等との関係の透明性に関する公開情報

以 上

 

(※1)一般社団法人日本臨床検査薬協会「企業活動と医療機関等の透明性ガイドライン」、「透明性ガイドラインQ&A」、「体外診断用医薬品プロモーションガイドライン」

(※2)「年度」とは、当年4月1日から翌年3月末日までの1年間をいう

  • ログイン
  • 会員登録

PageTop

Copyright © 2013 RIKEN GENESIS CO.,LTD. All Rights Reserved.